コレステロールの数値を下げるならサプリ!肝機能の正常化を目指そう

メンズ

不定愁訴の治療

生薬

食材や栄養にこだわります

様々な不定愁訴に悩まされるようになるのが、いわゆる更年期です。女性の場合には、特に更年期の不調が顕著に現れます。例えばめまいやふらつき、耳鳴りなどがこの時期によく起こる症状です。このような更年期の不調は、東洋医学的なアプローチで改善出来ることがあります。漢方薬はもちろん、毎日の食事や栄養素を見直すことも有効です。例えば更年期特有のめまいやふらつきは、特定の食品を摂取することで改善に導けます。めまいは、漢方では血が不足し気の巡りが悪い状態と判断されるのが一般的です。このような時には、血を補い滞っている気を流す食品をとるようにします。イカや胡麻、柑橘類などは、更年期特有のめまいの症状の改善に最適です。

病気の可能性もあります

めまいなどの不定愁訴が見られる場合、早急に更年期障害と判断してしまうのは危険です。このような症状は、脳の病気や耳の異常でも起こり得ます。更年期はうつ病の発症が多く、精神的な要因で症状が出ることもあるのが厄介な点です。また、メニエール病などの可能性もあるため、医療機関でしかるべき検査を受けます。サプリメントを利用する場合は、病気の可能性が否定された後に服用を始めることが大切です。漢方系の健康食品にも様々な種類があることから、適した商品を選ぶ必要が出てきます。気血水のいずれに重点を置いてアプローチを行うかが、漢方では概して重要です。うつ病やメニエール病が疑われる場合は、更年期障害とは異なる対応を行ないます。